当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

宮古島物語 ふたたヴィラ

バブル経済崩壊で倒産した碧海貴吉(あおうみ こうきち)は、宮古島で自殺を決意した時、亡き父が現れ助言に従い、この地にヴィラ(小さなホテル)を建て、再会の「ふたたヴィラ」として営む。娘・陽葵(ひまり)が父・貴吉を恨みつつ宮古島に来訪し、島の住人たちと交流して行くうちに、いつしか感情を修復して行く。

まだレビューはありません

購入・お申し込みはこちら

コメント