当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

あの橋の畔で 第二部

「愛染かつら」「君の名は」を凌ぐ愛の傑作、世紀の大ロマン巨篇、第二弾。ついに葉子との再会を果たした光晴は、徐々に記憶を取り戻し始める。だが、葉子は既に昔の葉子ではなく、夫を持つ身となっていた。やがて葉子は、夫・信介の母親から、しばらく兄・健二郎の家に戻っているようにと指示される。姑は、葉子が光晴のもとに通っているのを知っていたのだった。

まだレビューはありません

購入・お申し込みはこちら

コメント